就職活動がうまくいかず、悩んでいる時にうつ病のような症状が見られます

病気になった場合

困っている人

知っておいた方が良いことや特徴

これから就職活動をするときに、気合を入れて活動する人もいますが、思ったような結果が出ず長期化することにより精神的につぶれてしまう人もいます。人によっては自律神経のバランスが悪くうつ病になりやすい人もいるでしょう。このような場合には、就活うつ病にかかっている可能性がありますので、精神科と心療内科に行き就活うつ病を治すことが必要になります。うつ病にかかった状態で就職活動していても、良い結果が出ない可能性の方が高いでしょう。なぜなら、第一印象が暗く見られてしまうからです。本格的な鬱病になってしまうと、笑顔すら出すことができないため余計に不合格になりやすく、さらに状態が悪化しその無限ループが続くことになるだけです。精神科や心療内科に通院する場合ですが、この2つの違いはそこまで明確でないものの、身体のどこかに異変を変化を感じる場合や、外から見たときにうつ病の症状が現れている場合には心療内科に行ったほうが良いでしょう。例えば、うつ病が原因で発熱が発生したり頭痛が発生したりしている場合などがこれに該当します。これに対して、気分がすぐれず会社に行く気が起きないだけで腹痛や発熱などがない場合には精神科に行けば良いです。少なくとも、どちらも同じような治療をしてくれますので迷った場合にはどちらでも身近な方にいきましょう。あるいは、病院の受付に相談をしてみて判断してもらうのも良いかもしれません。

就活うつ病になった場合、傷病手当金を申請する方法もあります。就活うつ病の場合には、まだ入社していない可能性があります。ですが、そのままうまく就職活動に成功し働き始めた場合、うつ病で休むようならば傷病手当金の申請をすることが可能になります。当然ながら、就職した後もうつ病の状態が続いていることが条件です。もし、そのまま会社を何日も休むようなことがあれば、確実に傷病手当金をもらうことが可能です。傷病手当金をもらう場合ですが、基本的には待機期間と呼ばれる期間を経過しなければいけません。これは、3日以上連続で職場を休んだ場合がこれにあたります。この場合、休日が間に挟まっている場合どのように考えたらいいか問題になりますが、基本的に休日は抜かして考えることになっています。例えば、木曜日と金曜日を休業し、土曜日と日曜日が本来の休みの場合には、もし次の月曜日に出勤した場合待機期間は2日しか経過していないと考えられます。そのため、月曜日もうつ病が原因で休んでいることが傷病手当金をもらうために必要な条件と言えるでしょう。ちなみに、傷病手当金をもらう場合も給料と同じだけもらえるわけではありません。少なくとも、毎月の給料の3分の2程度しかもらうことができないことを理解しておくことが必要です。